January 13, 2019

December 9, 2018

November 11, 2018

October 14, 2018

September 9, 2018

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

第6回例会活動報告

February 14, 2018

 第六回例会は、三連休の中日と言うこともあってか、京都、大阪、奈良、和歌山と関西一円から合わせて17名もの参加者が集まる大所帯となりました。これによりなんと早押し機のキャパシティを参加者が上回るという事態に!昨年12月にオープン化してからというもの、毎回新規の参加者が増え、今回使用した会議室もかなり手狭になるなど、うれしい悲鳴を上げております。

 

 そして、さらにうれしい事に、内輪だけでやっていた第一回例会に参加していたものの、受験を控えていたため一旦離脱していたメンバーが無事志望校に合格し、今後よんななの会に定常的に参加する仲間がまた1人増えました!本当におめでとう!

 

 さて、活動内容の報告に移ります。

 いつも通り10時まで全員参加のフリバを行った後、前々から苦慮していた、「なるべくみんなが平等にボタンを点けられるようにする」という命題に対処すべく、試験的な運用として、ペーパーとタイムレースの結果を基にした2リーグ制への分割を行いました。この結果に則り、フリバの際に海グループの人だけが押せる時間を設けたり、企画のグループ分けを行います。

 

 グループ分け終了後、すぐに分けたばかりのグループそれぞれを対象にnayuta企画①に移ります。その名は「18歩」。

 以下ルールを簡単に説明します。

・参加者全員に1~25まで書かれたカードの中から任意の3枚を選んでもらい、その数字を「地雷」とする。

・クイズに正解した人は、数字を1つ宣言し、その数字が「地雷」でなければ、正解した単語の頭文字に応じて、決められた分だけ歩みを進める。(「あ」段から始まる単語なら1歩、「い」段から始まる単語なら2歩、…「お」段から始まる単語なら5歩)

・選んだ数字が「地雷」だった場合、即失格となり、他に失格者が2人出るまで強制的に休みとなる。

・うまく「地雷」を避け、18歩完走できれば勝ち抜け。

 振り返りますと、期待値としては6○を積めば走破でき、6回の数字選択で1回も「地雷」を踏まない確率は約42%ですので、早期決着すると踏んでいたんですが、皆さん「地雷」をよく引いてしまい、結局両グループ共に完走者が出ないまま規定出題数を迎えてしまうという結果となりました。

 

 その後昼休みを挟み、海グループの人たちで3VS3のチーム戦を行って昼のけだるさを吹き飛ばした後、山グループ1人対海グループ3人(相談あり)の対抗戦形式のフリバを実施。普段とは異なり、海グループの人たちは苦手ジャンルを補いあう形でチームを組めますので、山グループ所属の人を相手に一進一退の白熱した攻防を繰り広げていました!

 対抗戦が終わってからは、今回企画初挑戦の高校生けくきさん企画を行いました。企画内容はサバイバル形式のもので、最後に残ったポイントが一番多い人が優勝というルールでした。

 以下具体的に説明しますと、第一段階として初期ポイント付与のためのクイズを12問(ひらめき、パズル系3問、画像クイズ5問、音楽問題4問)行い、正解すると7点、不正解でも3点獲得できます。

 下にひらめき問題のひとつを公開しますので、是非挑戦してみてください。

  先ほど獲得した初期ポイントを元手に、第二段階では生き残りをかけて70問限定の早押しクイズを行います。早押しに正解すると、自分以外の残り全員から-1点するか、特定の1人から-4点するかを選び、相手の残りポイントを減らすことができます。ただし、誤答すると自分の持ち点の1の位が0になってしまうという厳しいルール。持ち点の1の位が9だと攻めるに攻められず、戦術が重要視される展開となりました。結果は第一段階で64点を獲得した人がそのまま逃げ切って優勝となりました。

気になる企画のデキですが、第一段階、第二段階ともに良問が多く、参加者からは絶賛の声が上がる素晴らしい企画でした。

 

 その後はnayuta企画②に移ります。企画内容は「クイズダービー風変則2ジャンルクイズ」。具体的な

内容は、まず山グループの人だけを対象にボードクイズを実施し、その後海グループの人だけを対象に早押しクイズを実施します。このとき、山グループの人が解いた問題と海グループの人が解いた問題とではジャンル、難易度が大きく異なるものの、答えは同じになるものを用意しています。早押しで正解した海グループの人は、自分の答えと、山グループの人が解いた問題のジャンルを参考に、ボードで正解していると思われる人を指名し、見事指名された人が正解していればさらにボーナス得点がもらえるというルールです。

 実際にクイズを行うと、難易度が少し高すぎたためか、ボード問題では32問中12問で山グループが全滅、早押しクイズもスルーや誤答が目立ち、外から見てる分には楽しめるものの、参加者にとっては少し盛り上がりに欠けるものとなってしまいました。(要反省です by筆者)

 

 企画終了後は45分ほど気ままにフリバを回し、終了時間を迎えました。過去最多となる総勢17人もの参加者となり、早押し機も上限いっぱいまで使用する事になりましたが、大きなトラブルもなく無事第6回目の例会を終えることができました!今回から試験的に2グループ制を実施し、初心者でも優遇されるように配慮したつもりですが、運営上問題がありましたらお気軽にご指摘ください。

 

 次回第7回例会は3月11日ですが、場所はこれまでずっと使っていた会館とは異なり、和歌山市のお隣、海南市の会館で行います。北の方から来られる方にとってはさらに遠方になってしまいますが、是非多数の方にご参加いただきたいと思っております。

                                          文責:nayuta

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter