January 13, 2019

December 9, 2018

November 11, 2018

October 14, 2018

September 9, 2018

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

第12回例会 報告

August 11, 2018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かと雨がつきまとう「よんななの会」ですが、今回は抜けるような青空の下、第12回例会を開催することができました(屋内でしたが^^;)。

 

実はこの9月に放送される日本テレビ系「第38回高校生クイズ」の和歌山県代表に、当サークル常連の3人の学生さん(けくき君・ゴノバス君・JAF君)が選ばれまして、我々も大喜びしております。そして上京直前ということで、ぜひお祝いしたい、応援したいという方も今回は多く参加してくれました。さらには以前から参加を楽しみにしてくださっていた栃木の方、帰省の機会に来てくれた東京や北海道の大学生など、全部で21人という大所帯の例会となり、本当に嬉しく思っております。

 

21人となると、よんはちペーパーで行う早押しのフリープレイ(フリバ)も全員参加は不可能です。そこで今回は、朝の参加者が15人を超えたところでペーパーを行い、その後は成績下位順にボタンについてもらうという方式となりました(3問正解勝ち抜け・1問風正解負け抜け)。今後もこの方法をとっていきたいと思っております。

 

朝は李駒さんが担当して下さった、二部制の企画でした。

前半の予選は「ポイント式ローリングクイズ」。1番~10番までの席、さらにそれ以下の5席へ成績下位順につき、早押しクイズを行います。正解なら上位の席への、不正解なら下位の席への移動を繰り返し、一定数の問題が終了した段階で席に従ったポイントを獲得できるというルールです。ラウンドごとにポイントの少ない順に座り直し、またクイズを繰り返す「実力者に不利なルール」でしたが、ここで各自ポイントを稼ぎ、後半のクイズに移ります。

後半の本選は「バイオハザードサバイバルクイズ」。早押しクイズに正解しないと、手元のポイントがどんどん減っていき、さらにルーレットによるポイントの増減もあるという、運と実力が必要な形式です。みんながバタバタとやられ、たまに少し生き返ったりする中、最終的なサバイバーとなったのはJinnさんでした。おめでとうございます!

 

昼の企画一つ目は、栃木から来て頂いた響幸九郎さんが担当です。いろんなイントロクイズ大会に参加されている響さんが持ち込んでくれた企画は、やはりイントロクイズ!年代別・曲種別に分けられた20種類(各10曲)のうち10種類で決着をつける方式です。アニメが得意な方、70、80年代が得意な方、ニコニコ動画の話題に強い方、と様々おられましたね。最終的に優勝したのは、当サークルの幹事組(てれすな・nayuta)でした。ありがとうございました(^^)。

 

昼の企画二つ目は、当サークル常連のtottoさんが担当。前半は和歌山に関する50問で構成されたペーパークイズでスタートしました。和歌山に住んでいれば分かる問題・和歌山にいても分からない問題がならんでおり、やはり和歌山出身者が有利でありましたが、そのなかでも、和歌山出身・東京在住のzLさんがなんと49点という高得点を叩き出し、出題したtottoさんも驚いておられました。ほんと、すごいですね…。

ペーパークイズを元に8チームに組み分けした上での後半戦が、各都道府県の市名を使った「地雷クイズ」。ルーレットで出た都道府県の市の名前を親チームが一つ書き、他のチームと被らなければポイント獲得(地雷を踏ませたチームもポイント獲得)というルールです。チーム戦だったのですが、「難しいのを書くか?」「あえて簡単なものを書くか?」「難しいものを書いたけど、これは本当に「市」の名前なのか?」など、知識戦と心理戦と相談の繰り返しで、なかなか濃密な時間となりました。これは他のお題でも色々やってみたいものですね。

 

最後は、今度の高校生クイズで地頭力を問われる高校生の為に、endさんが持ってきてくれた「思考系クイズ」。企業努力の話などエピソードクイズが主でしたが、問題文のどこかにヒントがちりばめられており、今度は「推理力」をフル回転させた1時間でした。

 

本来ならここで終了だったのですが、今回は夏休みですし、午後はあまり「早押しクイズ」をしていなかったことも考慮し、初めての「フリバ延長戦」を行いました。約2時間・ルール無用で早押しクイズを数百問こなし、19時半に例会はお開きとなりました。

 

10時間半という長丁場でしたが、形式・種類にとらわれない「クイズ」を皆で遊べ、とても充実した例会になったのではないかと、手前味噌ながら思っております。

来月はちょうど1周年記念です。また、いろんなタイプのクイズで皆さんと遊べればと思っております。

来て頂いた方々、本当にありがとうございました!

 

以上8月の報告でした。

Share on Facebook
Share on Twitter